照準機
c0191021_151751100.jpg

カワセミ等、鳥を撮ってる方は当たり前の様に使っておられますが、
去年最後の写真関連の買い物はコレでした。
KYOEIで扱っている照準機ですが、
これを使ってからはどうにかカワセミをフレームに入れる事くらいは可能になってきました。
取り付けは簡単、ホットシューに差して、表示用の電源スイッチ入れるだけです。
写真はカワセミとは無関係の空港の写真ですm(_ _)m






で、照準機を越しに撮った写真が下です。
c0191021_15183997.jpg

照準の表示は写真では分かりにくいですが、照準機越しではドットが無限遠に表示されるので
被写体から目を離す事無くフレームに入れる事が出来ます。
あたり前ですが、見る位置が変わっても、赤いドットは常に一定の場所を差してくれる様になってます。

もちろん、あらかじめ照準機のセッティングをしてフレームのセンターと照準機のセンターが一致するように微調整をしなければなりませんが、
セッティングをすればファインダーを覗かずとも、このままシャッターを切っても
c0191021_15232245.jpg

となる訳です。

動きものの場合はAIサーボの様な追従AFにしておけば、下記の写真の様に簡単に被写体を
追う事が出来間ます。
c0191021_1523715.jpg

ファインダー覗いてたら被写体がフレームから外れた瞬間に撮影終了〜(T T) ですが、
これがあればファインダーを覗く事無く、追い続ける事が可能なので、カワセミの飛び込みの写真を撮る時には必須と言えます。
まあ、とは言ってもまだ、マトモな写真は撮れないんですが。。。。。
もうちょっと使いこなせる様にがんばります^^;
[PR]
by sumizoon | 2011-01-23 15:48 | スナップ
<< 飛翔 雪、雪、雪 >>